他人のミスから学べ。全てを経験できるほど長くは生きられない。

「他人のミスから学べ。全てを経験できるほど長くは生きられない」

どこかにあった言葉なのだけど納得。

人生って限りありすぎて、何でもかんでもできないよね・・・。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

こんな言葉もある。

先人・他人の知恵を活用しろってことだな。

【メモ】「うまくいっているアイツ」に嫉妬しても疲れるだけで何も生み出しません

「うまくいっているアイツ」に嫉妬しても疲れるだけで何も生み出しません

他の人より上を目指すより“昨日の自分”をライバルに

byジャパネットたかた高田明

いいこというじゃねえか、たかた社長・・・

だてに甲高い声じゃないな!

ジャパネットたかた 高田明の「みなさんの相談に乗りましょう」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100125/212389/

勉強術

下記サイトのメモ
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0810/27/news038.html

現在大変な「勉強ブーム」。
何かを学ぼうとしている人が増えている。

そこで吸収速度を上げる勉強術を覚えよう。

その勉強術とは、勉強の目的を
「分からないことを知るため」ではなく、
「困ったことを解決するため」にすること。

この2者の違いは、
「アウトプットを明確にしているかどうか」。

「分からないことを知るため」という目的には、
たいていの場合、明確なアウトプットがない。

しかし「困ったことを解決するため」という目的には、
具体的に解決したい結果という明確なアウトプットがある。

この違いが、学びの吸収スピードに大きな影響を与える。

そのためにも
「具体的に何について困っているのか」
ということを明確にすること。

具体的に何に困っているのかを明確にできない場合は、
「まずは行動を起こしてみて、具体的に困ってみる」こと。

社会人学習は、働く合間をぬって貴重な時間を割いてする勉強である。

せっかく学ぶのであれば、
ぜひ具体的な問題解決を目的に設定し、
学習スピードを短縮してみよう。

きっと成果も出るはず。

プリンシプル=principleを持つこと

プリンシプル=principleとは日々、自分の行動規範となる基本的考え。
プリンシプルを確立することが必要と感じる今日この頃。
そのためにも、いろいろな情報を吸収し、自分なりに整理する必要がある。
自分の場合は、一度紙に書き出さないと整理されないのだが
みんな頭の中でできるのかな?