「あきらめる」とは「選ぶ」ということ

「あきらめる」とは「選ぶ」ということ。

人間には得手不得手がある。

苦手と感じたら、さっさとあきらめて
得手なことに注力していく方がよい。

ってテレビで言ってた。

うーん、言われてみれば納得だな。

「あきらめる」はネガティブなことではなく、
得手なことを「選ぶ」ことに繋がるのだと。

なんでもポジティブにすることができるもんだな。

それにしても中日の和田は毛深いなあ。

他人のミスから学べ。全てを経験できるほど長くは生きられない。

「他人のミスから学べ。全てを経験できるほど長くは生きられない」

どこかにあった言葉なのだけど納得。

人生って限りありすぎて、何でもかんでもできないよね・・・。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

こんな言葉もある。

先人・他人の知恵を活用しろってことだな。

that's just life.

that’s just life.または it’s life.

訳すと「これが人生」。

なんか、潔い文なのでメモ。

【メモ】「うまくいっているアイツ」に嫉妬しても疲れるだけで何も生み出しません

「うまくいっているアイツ」に嫉妬しても疲れるだけで何も生み出しません

他の人より上を目指すより“昨日の自分”をライバルに

byジャパネットたかた高田明

いいこというじゃねえか、たかた社長・・・

だてに甲高い声じゃないな!

ジャパネットたかた 高田明の「みなさんの相談に乗りましょう」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100125/212389/

【メモ】うつ病になれるだけの強力な圧縮能力がある

好きなアニメのひとつ「マクロス」。
(ただし、「愛・おぼえていますか」と「マクロスプラス MOVIE EDITION」に限る。)

学生の頃、マクロスの戦闘シーンに萌えた。
学校の参考書に板野サーカスのミサイルをペラペラ漫画として模写したほどだ。

そんな前置きはさておき、
その筋では超有名な映画「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」の監督は
河森正治という方なのだが、この方のインタビューが日経ビジネスON LINEに掲載されており
非常に感銘を受けたフレーズがあったのでメモとして記す。

“【メモ】うつ病になれるだけの強力な圧縮能力がある” の続きを読む