鼻粘膜焼灼術(コブレーションシステム)を受けた その2

こぶへい

ぜったい噛むこのタイトル。

これは鼻の粘膜を火傷させることで粘膜を引き締め、鼻水を止めたり(正確には異物に反応する粘膜のセンサーを塞ぐ)、鼻の通りを良くしたりする手術。

これまでトリクロール酢酸CO2レーザーによる鼻粘膜焼灼術を受けてきたが、今回は最新テクノロジー?であるコブレーションシステムによる手術を受けた。

その内容をレポートする。

※素人が書いているので、不正確なところもあるかもしれない。あしからず。

コブレーションとは?

コブレーションとは、トリクロール酢酸やCO2レーザーのような鼻粘膜「表層」を焼くのではなく、鼻粘膜「内部」を電気ショックで萎縮させるというもの。

鼻粘膜の僅かな部位に電極棒を指すため、出血や痛みが少なく効果も高いという。

 

うけた病院

あまり導入が進んでいないのか、表にアピールしていないのか、「コブレーション+耳鼻科+(東海圏エリア)」で検索してもほとんどヒットしない。

数少ないヒットした耳鼻科に通院して治療を受けた。

 

手術の流れ

・通院1日目:問診・診察・検査

症状の確認とアレルギー検査を受けた。

始めは薬を勧められたが、すでに鼻粘膜焼灼術を経験済みということでコブレーションを実施することになる。

アレルギー検査の結果待ちと手術時間の問題から、手術は一週間後に。通院初日で手術を受けることはできなかった。

・通院2日目:診察・手術

鼻の状態に問題がないか、アレルギー検査の結果に問題がないか、それぞれ確認の上、GOサイン。

手術を実施することに。

 

まず、鼻の中をざっと洗浄。

威圧感防止のために目隠しを進められるが、機材を見てみたいので断る。

次に、鼻の奥に麻酔を染み込ませた脱脂綿をコレでもか、コレでもかと詰め込まれる。

これで鼻粘膜表面が麻酔状態に。麻酔液が口や喉にたれて不味い。大体15分ほど待機する。

麻酔が効いてきたら、鼻粘膜内部に対して麻酔注射。何度もプスッと刺されてプチュ-っと麻酔液を注入。

皮膚内に液体が流し込まれる感触はあるが、麻酔のお陰で痛みはない。

しかし、注射針が鼻の奥へ何度も何度もプスプスされるので、見た目のインパクトは大きい…。

いよいよコブレーションシステムの登場。

コブレーションシステム

とんがった電極棒を鼻の奥にプスッと刺されスイッチオン。

ビリビリッ!ビリビリッ!と鼻の奥から前歯にかけて電流の衝撃が走る!

多分、電気ショック状態なんだろうけれども…痛みはない…不思議!

一刺し10秒ほどの電流を流すこと数回、「はい、終わりです」と先生。

麻酔の待機時間を除き、手術時間は15分ぐらいだろうか。

ビリビリ体験は、なかなか心理的負担が大きく結構疲れた…。

最後にネブライザーをやっておしまい。

術後の経過を確認するために、次は1週間後に来いとのこと。

あとは4つぐらいの薬を処方され、毎日朝晩飲んでねと。

手術後は血の混じった鼻水が猛烈に出る。それはもうタップリと。

なので、鼻に詰める綿も渡される。

数時間後、麻酔が切れてきたのかじくじくと痛み出す。

しかし、耐えられないほどではない。

翌日、痛みはなくなる。しかし、鼻水は出る。

数日後、鼻水もあまり出なくなる。

鼻の通りもまあまあよい。

あと、鼻をかむと、それはそれはでっかい鼻くそが出る。

なかなか痛快。

・通院3日目:術後診察1回

1週間後に術後の経過確認として通院。

「問題ないね、2週間後にまた見せて」と直ぐに診察は終了。

またまた薬を4つぐらい処方されて、毎日朝晩飲んでねと。

正直、薬だらけでうんざり。

・通院4日目:術後診察2回

もうすぐだけど、多分問題ない。

 

痛みなど症状

手術中は麻酔が効いているので痛みはない。

その後、麻酔が切れてくると、ジクジク痛んでくるが耐えられないという程でもない。

翌日には痛みもなくなる。だから、痛みに関しては安心してもよいかと。

また、コブレーションの特長である出血の低減も効果あり。あんまり血が出ない。

一方で鼻水は、手術当日に猛烈に出た。それも時間経過とともに収まってくる。

 

費用

後日更新予定。

通院1日目:問診・診察・検査

治療費:

薬剤費:

通院2日目:診察・手術

治療費:

薬剤費:

通院3日目:術後診察1回

治療費:

薬剤費:

通院4日目:術後診察2回

治療費:

薬剤費:

合計
治療費:

薬剤費:

 

オススメかどうか

今んとこ副作用はない。

まだ、術後2週間のため、効果が出るという1ヶ月までには至っていない。

とはいえ、割りと快適な鼻呼吸ができている。

 

これから花粉の季節になると思うので、悩んでいる方は一度チャレンジしてみてはどうか。

 

ついでに

鼻炎治療に関する独断と偏見の混ざった整理。

正しくないと思うので参考程度に。

 

・鼻炎の治療方法

  • コブレーション手術
  • アルゴンガス手術
  • レーザー手術
  • 凍結手術
  • 化学焼灼術
  • 下甲介粘膜切除術

・効果

下甲介粘膜切除術>コブレーション手術>凍結手術>アルゴンガス凝固術>レーザー手術>化学焼灼術

 

・痛み・大変さ

下甲介粘膜切除術>凍結手術>アルゴンガス凝固術>レーザー手術>化学焼灼術>コブレーション手術

 

・オペ以外の治療方法

  • 減感作(げんかんさ)療法
  • 薬物療法
  • 漢方薬

関連する記事

投稿者:

graygoo

こんなやつです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です