グーグルがカーナビをつくった

カーナビメーカー死亡か?

Googleが今日(米国時間10/28)モバイル用のナビゲーションアプリケーションをリリースし、GarminやTomTomのようなGPSナビゲーション企業の株価が急落した。Garminの時価総額だけでも$1.2B(12億ドル)が削り取られたことになる。同社の株価は16%以上下落し、31ドル60セントとなった。TomTomは21%下がって8ドル11セントになった。

しかもこれはAndroidだけのアプリケーションだ。しかし今後Googleはほかの機種用のバージョンも提供するだろうから、そのことが投資家たちを悩ませている。GPSナビゲーションアプリケーションは、ケータイ用のアプリケーションの中でもとくに高価で儲かる製品だ。TomTomのiPhoneアプリケーションは国別になっていて、50ドルから100ドルもする。

(よい意味で)市場破壊企業グーグルが
グーグルマップを拡張させてカーナビのシステムを作ったそうだ。
しかも無料・・・。ケータイに搭載される機能だが
そのまま車上に掲載すれば従来通りのカーナビに。
おそるべしグーグル。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です