勉強術

下記サイトのメモ
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0810/27/news038.html

現在大変な「勉強ブーム」。
何かを学ぼうとしている人が増えている。

そこで吸収速度を上げる勉強術を覚えよう。

その勉強術とは、勉強の目的を
「分からないことを知るため」ではなく、
「困ったことを解決するため」にすること。

この2者の違いは、
「アウトプットを明確にしているかどうか」。

「分からないことを知るため」という目的には、
たいていの場合、明確なアウトプットがない。

しかし「困ったことを解決するため」という目的には、
具体的に解決したい結果という明確なアウトプットがある。

この違いが、学びの吸収スピードに大きな影響を与える。

そのためにも
「具体的に何について困っているのか」
ということを明確にすること。

具体的に何に困っているのかを明確にできない場合は、
「まずは行動を起こしてみて、具体的に困ってみる」こと。

社会人学習は、働く合間をぬって貴重な時間を割いてする勉強である。

せっかく学ぶのであれば、
ぜひ具体的な問題解決を目的に設定し、
学習スピードを短縮してみよう。

きっと成果も出るはず。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です