『広告コピーってこう書くんだ!読本』を読んで

コピーを書くことはコピーライターに任せているのだけど
自分はクライアントにプレゼンや企画書を提出することが多いし、
案件によってはコピーライターを通すことができない場合がある。

そんなわけで、下記の本を読みコピーについて学びたいと思ったわけ。

『広告コピーってこう書くんだ!読本』
著者:谷山 雅計

サラッと読めるボリュームなので
小一時間空いた時に読むのがオススメ。

●個人的に覚えておきたいポイント

◯コピーの書き方、考え方

  • 「なんかいいよね」を禁止し、なぜよいのかを考える。
  • 受け手の視点を忘れずに。つまり独りよがりになるなよと。
  • コピーは「描写」ではなく「解決」を表す。
  • 影響力をイメージしよう。
    (自分がどう思うか→ビジュアル化したらどうなるか→見た人はどう思うか→世の中にどう広がっていくか)

◯コピーのコツ

  • みんなが言いたいことを言わせてあげる。
  • 参加できるようにスキを作る。
  • 正論こそサービス精神をもって語る。

◯その他

  • コピーの反応は「そりゃそうだ」「そういえばそうだ」「そんなのわかんない」。
  • コピーの基本は納得させること。だからねらう反応は「そういえばそうだ」。
  • 広告の伝え方、80年代は納得。90年移行は空気。

関連する記事

    None Found

投稿者:

graygoo

こんなやつです

“『広告コピーってこう書くんだ!読本』を読んで” への1件のフィードバック

  1. 本の内容を教えてくれてありがとう。
    読まずして一番大切な部分が分かるのって効率的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です