孔子の論語

吾十有五而志于学、
三十而立、
四十而不惑、
五十而知天命、
六十而耳順、
七十而従心所欲
不踰矩

「われ十五(15才)にして学(学問)に志し」

「三十(30才)にして立つ」
(学問で自立できるようになった)

「四十(40才)にして惑わず」
(いろいろな迷いがなくなった)

「五十(50才)にして天命を知る」
(天が自分に与えた使命を知った)

「六十(60才)にして耳順(したが)う」
(どんな人の話も聞けるようになった)

「七十(70才)にして心の欲するところに従っても矩(のり)をこえず」
(心の思うままに行動しても人としての道をふみはずすことがない)

あー、大昔の言葉がこのように残るってことは
時代を超えて通じる 指標ってことなんだろうな。

ちょっと前に、ついに30歳デビュー。

「三十(30才)にして立つ」ってことだから、これからってことだな!

関連する記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です